英語を話せる人になる方法

こんにちは!Ryuです。

最近本当に英語や英会話に関する質問をたくさんされていて、感じる事があります。

それは「どうやったら英語を話せる人になれるか」という質問が多い事

皆さん誰しもが一度は思われる事ではないでしょうか。僕も同じでした。

英語が出来る人のイメージ

僕は、かつて、英語を話せる人はこんな人だという勝手なイメージを持っていました

・もともと頭が良い

・もともと英語に向いている

・自信がある人

・自分に厳しく出来る人

・外国人を前に物怖じしない

・留学したりできるお金持ち

僕が実際に英語を話せるように実感してきた時の感覚は、これとは全く異なりました。
むしろ逆でした

僕は昔から、常に逆算でものを考えます。

これが功を奏しました。

つまり

「どうやったら英語を話せるようになるか」

を考えたり実行するのではなく、

「英語を話せている人の中に入り、同じように振る舞う事で、話せる人になる」

という事です。

英語を話せるようになっている人とたくさんあって拙い英語で話しながらも、その中に身を置く。そして彼らの経験した話を聞く。

その甲斐もあって、この、実際に英語を話せる人から聞いた話の動画は、10万再生を越える人気動画になったんだと思っています。

英語が上達しない人は、無料の教材や、安いテキストで、我流で学ぼうとしますが、上達する人は、自己投資を惜しみません。

 
英語が上達しない人はレッスン料に対して、もとがとれるかを考えます、上達する人はすぐに投資し、将来的に数倍もの利益をもたらすスキルに変えていきます。

英語が上達しない人は、プログラムの内容を事細かに聞いてから購入を決めます、上達する人は、自分にとって必要なものだ!と直感的に分かったらすぐにサービスを買うことを決めています。
 

英語が上達しない人は「今では無い」とか「頭が悪いから分からない」とか「私にはできない」と言い訳ばかりです、上達する人はテレビや遊びの時間を削ってでもその信じた学習に集中して取り組みます。

 
英語が上達しない人は適当に頑張れば良いと思っていますが、上達する人は結果を出してやる!と強く心に誓っています。
 

英語が上達する人は24時間365日、どうやって英語を上達しようか、自分の頭で考えていますが、そうでない人は自分で取り組まず、与えられた教材やプログラムを受動的に進めるだけです。
 

ちなみに僕の場所、英語を話せる人の中に身を置くために、英語イベントや国際交流会に山ほど参加しました。
すべて有料のイベントなので、参加費だけで毎月数万円は払っていたと思いますし、ネイティブにたくさんきてもらうために、自信で無料イベントも開き、場所や飲食も提供していたので、相当な投資だったと思います。

でも今になって考えると、実に実りある投資でした、だって、半年で話せるようになり、10ヶ月後TOEIC高得点ですよ?東大生よりも上

仕事も圧倒的に差別化できているし、講演会に呼ばれたり、何よりあなたとご縁ができた!!

これはお金では買えない価値です。

こういう思考で、

すぐに英語を話せる人になりましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

45歳を迎える年に、転職を目標に独自のノウハウでTOEICと英会話の独学を開始。 10ヵ月後にはTOEIC790点、英会話はビジネスレベルとなりました。その後副業に英語を掛け合わせる事で転職をやめ、独立を決意。現在は海外のクライアントを持つまでに。 英会話を開始して半年後、YouTubeにネイティブと会話する動画や「英語がペラペラな人がやっている5つのこと」という動画が15万再生を突破。 2018年、独自のノウハウを使った「Ryu学」というオンラインコーチングスクールを開設。