ネットからモノを買ったり、セミナーや講義に参加する時に注意すべき事

何か買いたいものがある時に、ネットで調べて、例えば「2018年最高にコスパの良いパソコンベスト10」みたいなタイトルのページを見て比較検討、購入したりしていませんか?

ああいった記事は、そこから購入すると、記事を書いた人に手数料が入る「アフィリエイト」というモノが多いので注意です。

単価が高かったり、手数料が多いものを1位にしたり、超オススメ!なんて書き方をします。

はたしてその筆者が全ての商品を利用してその記事を書いているでしょうか?

あやしいところですよね。

僕の場合は、何かモノが欲しい時はYouTubeを見ます。その道のYouTuberが居て、自ら買ったり、メーカーから借りたりして、メリットデメリットを話してくれます。

「使ってみてこう思った」という感想はウソが無くて良いですよね。しかも彼らは複数のメーカーから商品レビューを依頼されていたりするので公平な事が多いです。

例えそれがアフィリエイトだったとしても、短所まで教えてくれていたら、喜んで購入します。

その考え方で、例えばセミナーや講座でも

「オシャレなホームページの作り方」

「SEO対策を学ぼう」「パワポの使い方」

「ネットで稼ぐ◯◯」

僕のような動画プロデューサーによる、

「スマホ一台で動画マーケティングを学ぼう」

といったものを見かけて興味が湧いたとき、一旦冷静になって、その講師のホームページだとか、動画だとか、作品集を覗いてみてください。

一番良いのはYouTubeです。

その講師のクオリティが一発で判断できます。

そんな事を発信しながら、自らを追い詰めてしまった感じ笑

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

45歳を迎える年に、転職を目標に独自のノウハウでTOEICと英会話の独学を開始。 10ヵ月後にはTOEIC790点、英会話はビジネスレベルとなりました。その後副業に英語を掛け合わせる事で転職をやめ、独立を決意。現在は海外のクライアントを持つまでに。 英会話を開始して半年後、YouTubeにネイティブと会話する動画や「英語がペラペラな人がやっている5つのこと」という動画が15万再生を突破。 2018年、独自のノウハウを使った「Ryu学」というオンラインコーチングスクールを開設。