ホームページ制作の相場|ホームページは安かろう悪かろうってお話し

ホームページって、どんなものだと思いますか?

ビジネスの場面、あなたの店舗やオフィスと同等のものです。

安く作ろうとして、自分で作ってみたり、少しできる知人に作ってもらったりしてませんか?

DIYで建物を作るとどういう事が起きるでしょうか。

何屋さんか分かりにくかったり、レイアウトが悪く、変なところにドアがあったり、壁紙がはがれてきたり、導線が悪かったりします。

結局客の入りが悪くなり、建て直す日が遅かれ早かれやって来ます。

安い(悪い)業者に作ってもらうと、どうなるでしょうか?

コストを抑えるために、作業時間を短縮します。その店舗やビジネスの課題やゴールが何であるかを検証したりはしません。

単純に形を作って終わりというケースが多いです。当然良い結果は期待できません。

ホームページの世界にも、建築士のような人がいます。優れた建築士(ディレクターやデザイナー)は、優秀な大工さん(エンジニア、デザイナー)と、そのホームページの目標は何か、ゴールは何かを考え、どんなコンテンツが必要か、どんな内容が良いか、どんな導線が正しいか、最適なデザインを考えてクオリティの高い仕事をします。

腕の良いデザイナーの見分け方としては、最初にどれだけそのビジネスのコンサルしてくれるかです、そのビジネスの何が課題で何がゴールか。そして、それをどのように解決するかを提案してくれ、それをもとに、ワイヤーフレームという設計図を書いてくれます。

「おまかせしてもらって大丈夫」は危険です。

そういう人はホームページを作るだけのプロで、ビジネスをコンサルするプロではないからです。

具体的な費用面ですが30万以下の制作費のホームページは正直大丈夫かなと思ってしまいます。

分割払いでも良いのでそれ以上のオーダーで作ってもらった方が良いです。

ビジネスにおいて大切なところにお金をかける事が重要です。投資しなければ回収はできません。

じっくり検討して素晴らしい建築士を見つけましょう。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

ABOUTこの記事をかいた人

45歳を迎える年に、転職を目標に独自のノウハウでTOEICと英会話の独学を開始。 10ヵ月後にはTOEIC790点、英会話はビジネスレベルとなりました。その後副業に英語を掛け合わせる事で転職をやめ、独立を決意。現在は海外のクライアントを持つまでに。 英会話を開始して半年後、YouTubeにネイティブと会話する動画や「英語がペラペラな人がやっている5つのこと」という動画が15万再生を突破。 2018年、独自のノウハウを使った「Ryu学」というオンラインコーチングスクールを開設。