英語を大人になってから勉強する際に確認したい大切な3つのルール【動画あり】固定概念をぶち壊そう

40代独学で英語を本気で勉強しはじめて、自分の勉強法や考え方に多くの間違いがあることに気づきました。中高と学校で勉強したし、英語なんてちょこっとやればすぐに会話できるだろうと勘違いしていました。

 

いま実際に話すようになって振り返ってみると、こういう風にもっとシンプルに考えることができれば良かったと思っています。

 (ブログ更新現在、会話は日常会話レベル・TOEICは780点です)

 

固定概念はぶち壊した方が良いです。

f:id:language_learners:20170914104615j:plain

 

学生時代の英語はゼロと考えて英語の更地を頭の中につくる

「いやw基礎なんて要らないでしょ」と思って、はじめは、それはそれは難しいテキストブックを買ってひたすら読んでいました。

しかし、いつまでたっても身についている感覚がしない。文を読み上げているだけ。頭に入っていない事に気づきました。

ただただ退屈な日々が過ぎていく中で、ある時基礎に立ち返ることにしてみました。

かつて中高で習った英語は一旦忘れよう

もう自分はこれから、、ゼロから英語を学ぶんだ!!という気持ちに切り替えて、発音から勉強し直し、中学のテキストを買ってきて、長文もなるべく簡単なテキストをチョイスしました。ドリルだって全然解けないし、間違えまくってましたけど、不思議とそこからは英語が楽しくなっていき、その後受けたTOEICのテストは100点アップしました。

 

ミスをいちいち気にしない

きっと日本人の真面目な気質が悪い方に転がって居るんでしょう。僕らは減点式で学習してきたから間違えるのがとにかく嫌。

あってる?まちがってる?とか気にするばかりで、文法のテキストが一向に進まない時がありました。

 

ある時テレビを見たら、他の国の人たちは、間違っててもガンガン日本語を話す姿を改めて見て「そっか、別に競争じゃないんだし間違えたっていいじゃん」という思考に切り替わりました。

問題集ができなくたって気にしないでとにかく進めることにしよう。

会話だって間違って覚えようというマインドになりました。

ミスから学ぶことの方が多いですからね!

余計なプライドは捨てる

人前で、恥かきたくない・間違えたくない。馬鹿だと思われたくない。。。

そんなつまらないプライドに縛られていた時期がありました。

でも、、いつまでたってもそのままじゃ上達はしない!

 

かっこつけようとして難しい言葉を使ったりしない。日本語も同じことないです?頭良く見られたくてわざわざ難しい言葉使ってみたり。それこそ英語使ってみたり

 

「その点についてはアグリーなんですけどぉ」←はぁ?

 

そういうのは英語の上達の妨げになるので、かっこつけず、素直に、ポジティブに学習を進めると、上達は早いと思います。

 

この内容についても動画を作りました。ぜひ御覧ください!

 

 


英語の勉強をする上で大切な3つのルール

 

お気軽にフォローお願いします!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

45歳を迎える年に、転職を目標に独自のノウハウでTOEICと英会話の独学を開始。 10ヵ月後にはTOEIC790点、英会話はビジネスレベルとなりました。その後副業に英語を掛け合わせる事で転職をやめ、独立を決意。現在は海外のクライアントを持つまでに。 英会話を開始して半年後、YouTubeにネイティブと会話する動画や「英語がペラペラな人がやっている5つのこと」という動画が15万再生を突破。 2018年、独自のノウハウを使った「Ryu学」というオンラインコーチングスクールを開設。