無料レッスンのお申し込み
英語独学
記事一覧に戻る

英語独学1年で英語ペラペラになれた理由

英語独学1年で英語ペラペラになれた理由

  • 英語を話せない人の特徴

 英語を話せない人の特徴には「英語の教師やYoutuberなど、他の人に言われたものをそのまま行ってしまうこと」があります。
「単語をやったほうがいい」
「英文法が大事だから英文法をやる」
「英語
YouTuberが、シャドーイングがいいというのでシャドーイングをやる」
「リスニングを上達させるには発音を鍛えたほうがいい」
など、

誰かに何かを言われて英語の勉強を始めていませんか?
いろいろなところから情報を入手し、一ヶ月ほど取り組んでみて身につくか不安になり、また別のものを取り組み始めてしまう。

例えば「リスニング・音読するもの」「方法論など問題を解決する方法探す」「英語としてのスキルをどう伸ばすか」など、英語の勉強本は価格が安く、手軽に買えるため、手を出してしまいます。作成側はそれを理解しているため、新しい手法を追記し出版する。いろいろなことに手を出し、取り組み始めてしまうため、中途半端に終わり上達しなくなってしまいます。本で上達しないのであれば次は「オンライン英会話を行ってみる」という考えに変わり、なかなか身につかないのであれば、次は英会話教室に通うようになります。しかし、週に一度英会話教室に通うだけでは時間が足りず、上達するはずがありません。英会話教室を悪く言っているわけではありません。英会話教室の使い方が間違っているのです。英会話教室の講師はネイティブな発音ができる人も多く、英語の知識も豊富です。しかし、生徒によってレベルが違う上に、環境も違うため家での学習方法のアドバスができないのです。教わる側の生徒が講師に期待しすぎることも良くないのです。

 

  • どうやって成功したか?それは自分で学習していく戦略を練ること

 英語の学習が絶対にうまくなる方法があります。それは「質の高い勉強方法を見出す」「1日の勉強量」「継続」です。この三つを掛け合わせると絶対に誰でも英語が上達します。

1.質の高い勉強方法を見出す

 新しいテキストを使用するのではなく、自分に合ったテキストを使用すること。時間、自身の目標、マインド(心や精神)である。勉強する上で時間がないのであれば、その時間を作るためにはどうしたらいいかを考えることが重要です。例えば、仕事が忙しい、家事が忙しいなど、様々な忙しさがあります。しかし、その1日の中で、無駄な時間はないか、どう工夫したら英語の勉強ができるかという時間を作り出す戦略を練ります。

2.1日の勉強量

 時間の確保が可能になったら、その時間に何を行うことが一番効果的なのかを考える必要があります。一日中英語脳にするには朝から英語を勉強したほうが良いとよく紹介されますが、自身の時間が確保された際にやる最適な勉強の方法です。また、単語は寝る前に勉強したほうが良いともよく言われます。それは、記憶の性質にあります。記憶は寝ている間に頭の中に整理され、蓄積されていく性質があります。寝る前に暗記することで、寝ている間に整理・蓄積され、効率よく暗記することができます。まとまった時間ではなく隙間時間を利用して行うことや、場所を変えて気持ちを切り替えることも効果的です。また、コーヒーナップもとてもよい方法だと言われています。コーヒーナップとは、コーヒーを飲んで20分間ほど昼寝をし、元気になる方法です。起きる頃にカフェインが効き始め覚醒し、脳がリセットされその後リフレッシュされることで、勉強がはかどります。TOEICの点数をとりたいのか、英会話を伸ばしたいのか、ビジネス英会話を伸ばしたいのか、目的によって時間の使い方も変わってきます。

3.継続

 継続とは気持ち、マインドの部分がとても大切です。なぜ継続しないのかという根本的原因を客観視します。例えば、「自分なんてだめだ」「自信がない」ということは、幼少期からそのような性格があるのであれば、そこを改善しなければなりません。問題集を解いているときに満足のいく点数でなかったときに先に進めないなど、完璧主義がネックになってしまうこともあります。また、自分の思いで勉強をし直したが、理解度が低く自己肯定感が低くなっていき、自分の頭が悪いのではないかと思ってしまいます。しかし実は、テキストの説明の仕方が悪かったり、先生の説明の仕方が悪いことがあるが、それを自分の能力が低いという風に、卑下するようなマインド・心があります。また、何度も褒められることで伸びるタイプですが、褒めてくれる人がいないなど、そこを改善することが大切です。正直、英語は90%独学で足ります。残りの10%は会話をする、経験するなど、自分がどれだけ行動するかです。しかし、自分は独学で英語力を伸ばしましたが、孤独学ではありませんでした。例えば、英語の仲間である親友がもともと英語を話せていました。そこで英語を勉強しようとなり、自分たちで英語仲間のコミュニティを作り、一緒に勉強をすることや、TOIECのスコアを報告し合うことで英語力を上げていきました。また、自分の場合はネイティブから褒めてもらいモチベーションをもらいました。そのようなことでコミュニティに属して自分の英語力を上げていきました。そのため、勉強に取り込んで、英語が伸びないと思う人は、1回冷静になって考え、自分がなぜ、何が原因で英語の勉強ができないのか。時間がない、しかし時間がないがこの時間を無駄にしているな、ボーッとしているな、移動中何もしていないな、など勉強時間をしっかり確保できているかを分析します。また、自分の目的に合った勉強をしているか、目的にあったゴールに向けての正しい勉強ができているか、自分自身が勉強をする姿勢がどのようになっているかというマインド・心や、自己肯定感が低いなということであれば、どのようにしたら高められるのか、どのようにしたらモチベーションを高くキープできるのかなど、自分と同じようにコミュニティに参加して学習するにはどうしたらよいのかを考える必要があります。

 

以上が、英語を独学でペラペラになれた理由です。さまざまな理由で英語が上達しない人がいるかと思いますが、そのような人たちの悩みが解決できたらいいと思っています。