無料レッスンのお申し込み
英語独学
記事一覧に戻る

これで決まり!英文法のテキストの定番

 これで決まり!英文法のテキストの定番

 今回は、

 「中学英文法を修了するドリル」

 というテキストの良いところと、
 ちょっと物足りないなと思ったところ、
 このドリルを使った勉強の仕方についてお話していきたいと思います。

 
 先日LINEで、

 「文法書を進めている時に、前にやったことを忘れてしまって前のページに戻ってしまうのですが、どんどん先に進んでいったほうがよいのでしょうか?」

 という感じのご質問をいただきました。

 結論から言いますと、テキストを進めていくなかで、理解度が薄くてどうしても前のページに戻ってしまうというのは皆さんやりがちになってしまうと思うのですが、この癖がつくと挫折しやすくなってしまうので、あまりおすすめできません。

 むしろ先に進んでいってしまうやり方のほうをおすすめします。
 

 実はこのドリルは僕は以前からすごくおすすめしているのですが、なんで僕がこのドリルを使うに至ったか、その経緯からお話していきます。
 

「中学英文法を修了するドリル」を購入したきっかけ

 元々はTOEICの受験のために英語を始めて、まず単語を勉強するためにDUO3.0を購入しました。

 こちらはテキストとCDを使用してシャドーイングを主にやっていました。
 

 それで実際にTOEICの問題を解いてみたのですが、文法がまったくわからなかったんですね。

 特にpart5、part6あたりの問題が全然わからなかったです。
 

 そこで文法の知識をつけようと考え、TOEIC本の文法特急を購入しました。

 しかしこの本に書いてある分詞とか副詞とか、そのあたりの知識がなくてまったく分からなかったんですよね…。

 例えば、動名詞と不定詞と書いてあるページの理解を深めるために、とりあえず動名詞と不定詞の動画とかを歯抜けで見て勉強するという感じだったんです。

 
 結局最初のTOEICのテストの結果は、リスニングで点数は稼げたのですがリーディングが全然ダメだったんですね。合計約600点でした。

 その経験を経て、やっぱり基礎だなと思い、色々な本屋さんを回って基礎の文法書を見ていく中で出会ったのが
 「中学英文法を修了するドリル」だったんですね。
 
 実はキクタン英文法というテキストも持っているのですが、文字の色使いが見づらくて、今は辞書がわりに使っている感じです。

 その一方で中学英文法を修了するドリルはサクサク進んだので、皆さんにはこちらをおすすめしています。

 

「中学英文法を修了するドリル」のいいところ

 1. デザインがシンプル

 色使いが良くて、図解もしてくれているので、結構わかりやすく書いてあります。挿絵も可愛らしいです。

 

 2. 前パートの復習ができる

 一日目にレッスン1をやるとします。翌日のレッスン2では、問題の最初はレッスン1の問題になっているんですね。 

 これはすごく重要で、人は基本的に忘れる生き物で、一時間経つと半分忘れるというような脳の構造をしています。

 一日たって丸々復習すればまた記憶が蘇るというふうになっているのですが、
 このテキストはその観点で見ると理にかなった構造になっています。

 

 3. 合間合間でエールを送ってくれる

 例えば、

 「覚えるべきものは素直に覚えましょう。無駄な努力ではありません。」

 という文章。

 こういうのは結構学習中に効きます。

 

テキストの進め方

 テキストには30日で終わると書いてありますが、僕はレッスンは一日2つずつ進めていき、だいたい15日で一周終わらせました。

 2周目は一週間くらいで読み終わり、その後も繰り返し読みました。何度やったか覚えてないくらいとにかくやりました。

 
 ポイントですが、テキストのなかに合格点というのが存在するんですが、合格点行かなくてもとりあえず先に進んじゃうのが大事です。

 日本人は完璧主義なところがありますが、点数にこだわらずどんどん先に進んでいったほうがいいです。

 もちろん点数一桁とかだったらさすがにもう一度読み直したほうがいいですが、合格点ギリギリいかないくらいだったら気にしなくて大丈夫です。

 

テキストのいまいちなところ

 どうしても文法書なので、副詞とか無冠詞とか、不定詞の副詞的用法とか、文法書ならではの言い回しがやはり書いてあるんですね。
 
 これはちょっとややこしいというか、これのせいで中学校の頃僕たちは文法に挫折したというのがあるんですが、ある意味しょうがないかなという気持ちにはなっています。

 なんでしょうがないかというと、教える側と教わる側が共通の認識の言葉を持つのってやはり必要なんですよね。

 もう一点あるとすると、これは中学英文法だから仕方がないんですが、仮定法とか、過去完了形とかが載っていないんですよね。

 ただこのテキストの改訂版がでているので、そっちではもしかしたらカバーされているかもしれません。

 仮定法とか過去完了とかってたまに会話で使うことがあります。特に仮定法はよく使うので、そこが収録されていると完璧かなと思います。

 

得た文法知識を英会話で実践してみよう

 テキストを繰り返し読んでいく中で、会話に結び付けたいと思ったら、インプットした知識を言葉にしてアウトプットして遣う必要があるので、

 「瞬間英作文」

 を購入することをおすすめします。

 自分で理解した英文法でアウトプットして作文することができます。

 瞬間英作文に関してですが、アプリもすごく便利です。

 音で聞いて、口に出して言うといった感じで作文の復習になるので、瞬間英作文は本も英作文もおすすめです。

 この瞬間英作文ができるようになったら、次は英会話の機会をいかにして作るか、
 何回作れるかというのが会話力を伸ばしていくキーになります。

 
 英会話と聞くとみんな難しいと思いがちですが、実は中学の英文法の知識があればほとんどこなせます。

 ビジネス英会話でさえ、文法がわかっていれば話ができます。

 なのでぜひ、英会話をしたいなら文法の勉強をやってほしいと思います。
 その文法の勉強をするにあたって、中学英文法を修了するドリルはおすすめです。

  

単語も大事だけど…

 僕はTikTokのほうにも動画を出しているのですが、コメントで、

 「文法なんてやったって意味ない!
  それが義務教育の教え方で、そのせいでみんな英語が喋れないんだ!
  とにかく単語を覚えて話せ話せ!」

 というようなコメントがあったのですが、それは絶対違うと思います。
 
 単語だけ覚えてただただ話してたら、カタコトな英語になってしまって、
 通じなくはないかもしれないですがやっぱりおかしいですよね。

 英語というのは英文法というルールがあって、そこに単語を並べていくものなので、

 ルールがわからないと話すのは難しいと思います。

 
 英文法の勉強は、TOEICを受験される方にも絶対オススメです。

 中学英文法ができていない人はまずそこからやっていかないとTOEICの点数を伸ばすのは難しいと思います。

 逆に言うと文法ができていればTOEICの点数が跳ね上がります。

 実際僕も、英文法を復習する前は615点でしたが、復習後に再チャレンジしたときは100点ほどあがりました。

 これは全部文法を勉強したおかげなんですね。

 なので、文法は舐めちゃいけないと思います。

 

参考書を買うときに背伸びしない

 裏話ですが、僕は元々はAtueigoさんの動画を見てキクタン英文法を買ったんですよね。

 これは僕だけに限った話ではないですが、英語のテキストを選ぶときに背伸びしがちになっちゃいますよね。

 自分はまあまあ中学レベルくらいは出来るだろうと思って手に取って難しめの本をやってみたのですが、難しく感じるものは挫折するので、背伸びはあまりおすすめしないです。まずは中学英文法のような簡単なものからやっていってほしいと思います。

 

挫折しないために

 挫折に関してもお話していきたいのですが、人間は普段の生活と違う習慣が入ってくると拒絶するという本能を持っているんですね。

 これを書き換えるには3週間、一ヶ月は絶対に必要なんです。

 なので、継続をとにかくしていくということを、3週間以上続けられれば、英語を勉強するという習慣がつくので、ぜひ意識してトライしてみてほしいと思います。

 僕が習慣化するにあたって工夫したことは、テキストを目に入るところに置いておくとか、

 「StudyPlus」

 という、勉強を記録できるSNSアプリがあるのでそこに記録したりして継続するということをやっていました。

 
 以上です!皆さんもぜひ頑張って文法を勉強してくださいね!
 

 
★無料オンラインサロンへの参加はこちら!公開から1時間で100人に到達!
http://nav.cx/6K348yM

英語を身につけた限定動画をメルマガで配信中!
https://bit.ly/2AmJSlm

◎twitter
https://twitter.com/Ryu_eigo

僕が購入したテキスト一覧
https://bit.ly/31Ep2cV