無料レッスンを申し込む
英語独学
記事一覧に戻る

【これが現実】英語に必要な学習時間

 【これが現実】英語に必要な学習時間

 今回は、英語学習に必要な時間というテーマでお話していきたいと思います。

 よく質問で、

 「英語を取得するにはどれくらいの時間が必要ですか?」

 とか、

 「TOEICで○○点とるには何時間必要ですか?」

 とか、いろいろご質問をいただきます。

 それにお答えする形の記事になっています。

 
 僕も英語を本気で学習し始める前は、いろいろなテレビで英語学習の時間とか聞いて、
 そんなに勉強できないよ…とか思ってた時期があったんですよ。

 でも、本気で取り組んだ時期を振り返ってみると、確かにそれくらい勉強していたなと思うところがありました。

 なのでこの記事をご覧いただくと、どういうスキルを身につけるのに何時間くらい必要かという目安もわかりますし、
 どんなことをしたらいいのかとか、時間を捻出する方法とかそんなこともわかりますので、
 ぜひ最後までご覧いただければと思います。

 

日本人の英語習得に必要な時間

 結論から言ってしまうと、日本人の英語習得には2200~2500時間が必要です。

 Foreign Service Institute (FSI) の調査結果によると、
 英語が母国語の方が日本語を習得するのに2200時間かかるそうです。

 それだけ2言語の間で文法の仕組みに差があるということなので、
 これは逆に日本人が英語を習得するのにかかる時間も同じではないかという仮説が立てられるわけです。

 また同志社大学教授の稲垣俊史氏の論文によると、
 日本人が英語を習得するのに2500時間必要ということが書かれています。

 
 ですが我々は学校教育で約1200時間英語を学ぶので、
 社会人が英語を習得するまでに必要な時間はあと1000~1300時間ということになります。

 なので、中学高校でやった英語は短時間で復習して、あとプラスアルファでどれくらい1000時間確保できるかということが大事になってきます。

 

TOEICについて

 TOEICの得点を獲得するのに必要な時間

 オクスフォード大学の研究機関のデータによると…

 例えば250点というようなほんとの英語初心者であれば、350点になるまで200時間かかります。
 
 350点から450点になるまでに225時間かかります。

 450点から550点になるまでに225時間かかります。

 550点から650点になるまでに225時間かかります。

 650点から750点になるまでに225時間かかります。

 750点から850点になるまでに275時間かかります。

 850点から950点になるまでに325時間かかります。

 
 つまり、250点から950点になるまでに1750時間かかります。

 
 ちなみに、英語教師のTOEICの平均点は、中学教師が560点、高校教師が620点です。

 平成26年度「英語教育実施状況調査」によると、公立中学英語教師の7割以上が英検準一級(TOEIC730点)を持っていません。

 ただし、先生たちはTOEICを目的にしていないのでこれを責めるのは少し違うかなと思います。

 

 英語を始める取っ掛りとしてTOEICは良い

 これには理由が複数あります。

 1つは今の実力が数値で分かることです。

 
 2つ目の理由は、大量のインプットができることです。

 大量にインプットしないとアウトプットってできないので、TOEICのテストはリスニングとリーディングなんですが、たくさん聞いたりたくさんシャドーイングしたり、単語や文法を覚えたりとか、そういった過程で英会話などでアウトプットするための引き出しをたくさん作れるのは利点だと思います。
 
 
 他にも点数を取れれば転職にも有利だし、
 リスニングは400点超えないと会話が辛いのですがその目安にもできたりします。
   
 

僕の英語学習について

 僕が2017年から1年間で学習した時間の合計

 僕の場合は毎日5時間計算で、約1825時間学習しました。

 

 英語を始めてからどうなったか

 まず44歳後半で、転職したいと思い、英語しかないと考えたんですね。

 そこから英語の勉強を始めたのですが、すごい切迫感の中挑みました。

 そしてTOEICの勉強をして、初受験で615点でしたが次点で700点台にのりました。

 この時点で英会話が話せてないことを意識するようになりましたね。

 そこで基礎英語と英作文の学習をしました。

 そしてその間にTOEICを4快受験し、10ヶ月で790点いきました。本音としては800いきたかったんですけどね…w

 
 ここで目的が変わり、転職ではなく起業をしようと思い、TOEICの試験に挑むのはここでストップしました。

 会話力は伸ばしたかったので英会話の勉強はそこからも継続していました。

 英会話に注力するとTOEICの点数ってなかなか伸びないので、この二つはどちらかに絞ることをおすすめします。

 仕事でも英語が使えるようになったところで独立を決意しました。

 現在は英語対応のWEB制作・動画制作を依頼してもらったり、
 海外から日本で起業している方とお仕事したり、
 自分の学習法を体系化して英語を教えるプロやネイティブを雇って、英語コーチングスクールを開講したりしています。

 

どうやって勉強時間を作ったらいいのか

 意識すれば空き時間は作れます

 意外と自分たちの意識していないところで時間は消費しているんですよ。

 例えば自分の場合は、朝起きて仕事前に30分勉強して、通勤で移動中の30分の間に勉強して、
 お昼に30分動画などで学習して、帰宅の移動時間に30分勉強して、就寝前に60分間勉強する…

 これでも3時間も勉強できるんですね。

 
 土日は一日中勉強しました。

 TOEICの勉強は図書館やカフェで行いました。

 特に受験シーズンだと受験生がいっぱいいて同じテンションで勉強できるんですよね。

 リスニングの問題はイヤホンで小さな音で聞いてやっていたのですが、
 そのおかげで本番でも雑音が聞こえても気にせずリスニングに挑めたりしました。

 これはHelloTalkというアプリをつかってやっていたことですが、
 英会話の勉強は午前はアメリカの人、午後はアジアの人、夜はイギリスなどヨーロッパの人と行ったり…
 と言った感じで世界中の人と話していました。

 英会話は数え切れないくらいの時間を費やしましたね。

 

 普段の何気ない行動も変える

 これは全部僕がやってきたことですが…

 例えばSNSは外国人だけフォローして読むようにするとか。

 友達と日本語で話すLINEよりも、HelloTalkで会話する時間を多くするとか。

 日常生活で目につくものを英語に変えていくとか(通勤中、家の中)、
 変えられなかったら常に辞書などで検索するとか。

 看板に書いてある英語とかにも注目して、どういう意味なのか考えたりとか。

 HelloTalkで英語日記をつけるとネイティブが添削してくれるので、
 その日にあったことを自分の出来る範囲でアウトプットするとか。

 
 こういうことをしていけば、何時間勉強しなきゃいけないじゃなくて、
 僕の場合結果的に1825時間学習していたことになるということなんですね。

 時間を気にせず夢中に取り組むことが大事かなと思っています。

 

自分ひとりでは無理!という人は…

 これはお金をかけてコーチングスクールに行ったほうがいいです。

 理由は大きく3つあります。

 

 1. 学習法を教えてくれるから

 独学でなんとか勉強したいと皆さん思うと思いますが、独学のやり方にも良い悪いがあるわけです。

 どのテキストを使ったらいいかとか、どういう時間に何を勉強すべきかとか。

 そういうアドバイスがあるからこそ効率よく勉強できて本番に挑めるという利点があります。

 

 2. モチベーションのキープをしてくれるから

 勉強していくにあたってモチベーションのキープというのはすごく大事なので、
 そのモチベーションをアップしてくれるようなプロフェッサーに教わるのも大事かなと思います。

 

 3. 勉強せざるを得ない環境を作ってくれるから

 講師と約束していることで、勉強せざるを得ないという強制力がはたらくんですね。

 意思の弱い人は流されてほかのことをやっちゃったりするので、そこは強制力を働かせたほうがいいと思います。

 

 英会話スクールでは無理

 英会話スクールでは用途が違うので、上3つのことは実現できません。

 英会話スクールはそもそもご自身の中学校の英語が身についていてアウトプットができる人たちが通うところなんですね。

 すでに会話ができる人たちが行って磨いていく場所なので、インプットが全然ない人は行っても何時間やっても伸びません。

 
 なぜかというと英語の9割は自習がものを言うからなんですね。

 自分でいかに時間を作って自習するかというのが大事で、勉強の質の高さも大事なので、
 これが継続できないからコーチが必要ということになってくると思います。
 

 僕がコーチングスクールを立ち上げたのもこういう理由があります。

 ネイティブを雇って英会話スクールを立ち上げるのも今の僕にはそんなに難しいことではないのですが、
 自分自身がちゃんと身につけた方法でちゃんと身につく学校にしたいなと思ったので、このような形をとっています。

 

さいごに

 TOEICについてですが、TOEICの勉強をしても英会話力はまた別なので、
 仮に250点台の人が1750時間かけて950点に到達したとしても英会話ができるようにはなりません。

 TOEICはリスニングとリーディングですが、スピーキングはこの二つとは違うので。

 なので250点台の人はとりあえず脱初心者ということで600点以上を目指して、
 英会話の勉強にも取り組むというやり方もアリだと思います。

 ぜひ頑張ってみてください。

 

 
★無料オンラインサロンへの参加はこちら!公開から1時間で100人に到達!
http://nav.cx/6K348yM

英語を身につけた限定動画をメルマガで配信中!
https://bit.ly/2AmJSlm

◎twitter
https://twitter.com/Ryu_eigo

僕が購入したテキスト一覧
https://bit.ly/31Ep2cV