無料レッスンのお申し込み
英語独学
記事一覧に戻る

コレで決まり!英語のリスニングを伸ばすシャドーイング

 コレで決まり!英語のリスニングを伸ばすシャドーイング

 今回はリスニングとスピーキングの能力を爆上げする、シャドーイングについてお話したいと思います。
 シャドーイングとは、流れてきた音声を追っかけるように発声を真似してリスニングとスピーキングの能力を上げる練習方法の一つです。このシャドーイングがなぜリスニングとスピーキングの向上にいいのかを説明している動画がなかなかなかったのでちょっと作っていきたいと思いました。
 

リスニングの二つの力

 リスニングとは一体なにかと考えたときに僕の中では、

 「音を聞き取る力と、意味を理解する力」

 この二つが必要だと思っています。

 音を認識する力というのは日本語で例えるなら「はし」が箸なのか橋なのか端なのか、何であるか文脈のなかで認識することです。そして意味を理解してイメージを持つわけです。

 日本人が英語を聞き取る際に圧倒的に苦手としているのは、音声が何であるかというのを聞き取ることだと思います。なので意味を理解までに時間がかかってしまいます。音声はそのなかでもどんどん流れていってしまうので、なかなかリスニングが向上しないということになります。

 シャドーイングにおいて聞いた音を真似するというのは、その音声が何であるか、どういう音をしているのかを聞く能力がアップするので、どんどん文章を受け取って意味を構築していくことができるようになるわけです。

 ですが英語を聞き取れない方は、音を聞き取る力を使うのにいっぱいいっぱいで意味を理解するプロセスに達しないというわけです。シャドーイングを繰り返してリスニング力が向上した今の僕の感覚としては、流れてきた音声を聞き取れるのでその文章を頭に蓄積できるんですね。そしてゆっくり意味を考えることができます。

 逆に聞き流すだけだと、聞こえてきた文章が何であるかもわからず、結果意味も理解できず、流れていってしまいます。そうなるとなかなかリスニングの向上にはつながりません。

 シャドーイングを練習する上での素材はなんでもいいです。自分の興味あるもの、例えばニュースとか、後は僕がおすすめしている「音読パッケージ」などのテキストの音声でもいいです。なかなか発音できない単語とかも出てくると思いますが、そういうのは無視してとにかくどんどんやっちゃうのが大事です。

 僕の場合はまず、聞く音声の内容を日本語で把握しちゃって、そのあと英語を聞きながら繰り返しシャドーイングするということをやりました。

 

なぜスピーキングの向上にもつながる?

 なぜスピーキングにもプラスになるかというと、英語で使う口の筋肉が鍛えられるからです。英語に関して滑舌がよくなるんですね。なのでスピーキングにもとても効果があると僕は思っています。またこれは音読にも言えることですが、ある程度決まったフレーズって結構あるんですけど、それを繰り返し聞いて発声しているからまるごと覚えちゃうっていうのもありますし、その点もスピーキングにプラスになると思っています。

 

さいごに

 このようにシャドーイングは、リスニング力、スピーキング力、発音の3つを鍛えることができて一石三鳥なので、本当に効果的な学習法になります。もちろんシャドーイングだけじゃなくてリピーティングとかも色々混ぜて学習していくといいですが、毎日やり続けて3~4ヶ月すると、テレビから流れてきた海外の方が話していた言葉が分かるようになった瞬間があったんですね。単語が立体的にドドドドっとでてくるような感覚でした。そういう感覚になるのは、リスニング力がアップした証拠であると思います。

 まとめますが、リスニングは音を聞き取る力と内容を理解する力で、この両方を鍛える必要があります。そのためにまず音をキャッチするスキルをあげるのに効果的なのがシャドーイングです。ぜひトライしてみてください。

 

 

 
★無料オンラインサロンへの参加はこちら!公開から1時間で100人に到達!
http://nav.cx/6K348yM

英語を身につけた限定動画をメルマガで配信中!
https://bit.ly/2AmJSlm

僕が購入したテキスト一覧
https://bit.ly/31Ep2cV

◎twitter
https://twitter.com/Ryu_eigo

Instagram
https://www.instagram.com/ryu_eigo/

Facebook
https://www.facebook.com/eikaiwaryutube/

LINE
https://line.me/R/ti/p/%40ksf6653m