無料レッスンを申し込む
英語独学
記事一覧に戻る

英会話フレーズ50選!相槌!

 英会話フレーズ50選!相槌!

 英語の相槌ってどういうのがあるんですか?という質問を結構いただいたので、今回は、英会話「相槌」50選!! というテーマでお送りしていきます。

 ちなみに相槌は英語でも”Aizuchi”です。実は相槌は日本独特のもので、特にアメリカ人からすると日本人は相槌が多すぎると言われています。相手が話している途中でも相槌することもあり、話を聞いていないと思われるらしいですね。

 とはいえ、英語初心者は全く相槌ができない方が多いので、今回のフレーズ50選を覚えてぜひ会話で使ってみてほしいです。
 発音については動画のほうで確認してみてください。

 

話を聞いている時の相槌

 Yeah.

 「うん。」という感じですね。
 

 Uh-huh.

 「うんうん。」という感じです。”Yes”のカジュアルな表現ですね。
 最初言うのが恥ずかしいかと思いますが、練習してみてくださいね。
 

 I see.

 「そうなんだ」「なるほどね」「うんうん」という感じです。
 

言葉に詰まったときの相槌

 Um

 「うーん」という感じです。
 

 Well…

 「えーとー…」という感じです。

 

 Like

 「その~、」「みたいな」という感じです。結構若い人で多用する人がいますが、日本語でいうと「ていうか」「みたいな」を連呼しているようなものになってしまうので、使いすぎには気をつけましょう。
 

 So

 「えーっと」という感じです。
 

 Let me see.

 「そうねぇ…」という感じです。
 

 You know

 「ほら、あの」という感じで、ちょっと相手に助けを求めるような、「ほら、わかるでしょ?」というようなイントネーションを含んだフレーズです。自然と入れるのが特徴です。
 

 What’s the best way to say it?

 「なんて言ったらいいかな…」という意味です。文法がわからなくなった時にも使っちゃってもいいと思います。
 

なるほど / わかりました と言う時のフレーズ

 I understand.

 直訳すると「理解する」という意味ですが、「わかりました!」という意味で使えます。

 

 That makes sense.

 直訳すると「それは意味をなしている」という意味で、転じて「理解した」という感じで使えます。

 

 I got it.

 「了解しました」という感じにも近いと思います。主語を省略して”Got it.”でも通じます。
 

もちろんだよ と言うときに使うフレーズ

 Sure!

 「もちろん!」という感じです。相手から何かを誘われた時に便利な言葉です。
 

 Of course.

 ”Sure”よりも意欲的な感じです。目上の人に使ったりしますね。
 

 Why not?

 「なぜいいえなの?」「いいえと言う理由がない」という意味が転じて「もちろん」という意味合いになります。

 

共感 ・ 同意するときに使うフレーズ

 That’s right.

 「そのとおり。」という感じです。
 

 Exactly.

 「そのとおり。」をより強調したい時に使います。

 

 That’s true.

 直訳は「それは事実だね。」で、「確かにね。」という感じです。

 

 I think so, too.

 「私もそう思うよ。」という感じです。

 

 Definitely.

 「間違いないね!」という感じです。

 

 I feel you.

 「わかるよ。」「あなたの気持ちわかるよ。」という感じで、相手の気持ちに共感している時に使います。

 

 I agree with you.

 「わかるよ(賛成)。」という感じです。
 

共感のフレーズ

 Sounds good!

 「いいね!」という感じです。
 

 Sounds great!

 ”Sounds good”をより強調した言い方です。
 

 Sounds cool!

 「いいじゃん!」というニュアンスです。”Cool!”だけでもOKです。

 

 Good idea!

 「いいアイデアだね!」という感じです。

 

感想のフレーズ “That’s ~ ” はとても便利!

 That’s good!

 例えば「昨日家族とご飯食べに行ったんだ。」と言われた時に「いいね~。」と返したい時に使えます。

 

 That’s great!

 「よかったね!」という感じです。”That’s great!”を強調した言い方です。

 

 That’s cool!

 「すごい、素晴らしい」という感じです。”cool”のほかには、

 ”amazing, fantastic, wonderful, awesome” も使えます。

  

 That’s fun!

 「おもしろいね!」という感じです。

 

 That’s interesting!

 「興味深いね!」という感じです。

 

 That’s funny!

 「面白いね!」「ウケる!」という感じです。

 

 That’s odd.

 「不思議~。」「不思議だね~。」という感じです。
 ”odd”は「奇妙」という意味を表す言葉です。

 

 That’s awful.

 「ひどいなぁ。」という感じです。

 

 That’s sad.

 これも「ひどい。」という意味です。

 

驚いた時のフレーズ

 Really?

 「ほんとに?」という感じです。

 

 Are you serious?

 「ほんとに?」「マジで?」という感じです。

 

 Oh wow!

 よく聞くと思います。大げさに言うといいですね。

 

 Oh no…

 「マジか…」という感じです。

 

「大丈夫!」を表すフレーズ

 No problem.

 「大丈夫だよ」「問題ないよ」という時に使います。

 

 That’s fine.

 「大丈夫!」という感じです。

 

「残念…」「かわいそう…」「ありえない!」を表現するフレーズ

 That’s too bad!

 「残念…!」という感じです。

 

 I’m so sorry (to hear that).

 「お気の毒に…。」「それは気の毒だったね…。」という感じです。

 

 No way!

 「ありえない!」という感じです。

 

さいごに

 以上50選でした。もちろんこれだけではなくもっともっと色々なフレーズや言い方があるのですが、今回は僕が特に使うものをあげてみました。最後までご覧頂きありがとうございました!

 

 
★無料オンラインサロンへの参加はこちら!公開から1時間で100人に到達!
http://nav.cx/6K348yM

英語を身につけた限定動画をメルマガで配信中!
https://bit.ly/2AmJSlm

僕が購入したテキスト一覧
https://bit.ly/31Ep2cV

◎twitter
https://twitter.com/Ryu_eigo

Instagram
https://www.instagram.com/ryu_eigo/

Facebook
https://www.facebook.com/eikaiwaryutube/

LINE
https://line.me/R/ti/p/%40ksf6653m