無料レッスンを申し込む
英語独学
記事一覧に戻る

【最短で伸ばす英語】英会話が出来るようになった最強テキスト【必見】

【最短で伸ばす英語】英会話が出来るようになった最強テキスト【必見】

今回は「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」というテキストについてお話していきます。

 

目次

1.どうして瞬間英作文が必要なのか?
2.本を始める前の注意点
3.実際のテキストのやり方
4.実際の会話にどうつなげていくか
5.まとめ

 

1.どうして瞬間英作文が必要なのか?

大前提として、どうして瞬間英作文をやる必要があるのかということですが、日本語に置き換えてよく考えてみてください。

皆さんの喋る日本語ってどんな感じですか?

おそらく、自分がよく使う言葉(決まり文句)と、自分の頭で考えて作った文章の2パターンがあると思います。

例えば決まり文句でしたら、初耳の情報を聞いた時に、

「それ初めて聞いたよ!」

と言ったりしますよね。

個人個人で反応に差はあれど、こういった反応は咄嗟にでてくるものなんです。

自分の頭で考えて作った文章でしたら、例えば昨日今日何を食べたか聞かれた時に、

「昨日の夜にカレー食べたよ。今朝は確かトーストだったかな。」

と言うような感じに答えますよね。これは頭の中で組み立てた文章になります。

このように英会話に限らず、会話では、

言いたいことを考える

文章にする

言葉にする

という思考が頭の中で行われています。もちろん英語でも同じことが言えます。

 
英語でしたら例えば、

言いたいことを日本語で考える

英語に翻訳する(文章にする)

発声する

という流れになりますが、これが英会話の一つの形です。

もうひとつの形としては、いわゆるフレーズ集です。

よくやりがちなのが、フレーズ集のテキストを先に買ってしまって、どんどん丸暗記していってしまう方法です。

ですが記憶したことはどんどん使わないと忘れていってしまうので、効率が悪い上に全然覚えられません。

会話では7割くらいは作文で話していて、3割は決まったフレーズで話しています。

ですのでこの7割をおさえるために、瞬間英作文をやっていく必要があります。

 

2.本を始める前の注意点

このテキストは中学レベルのものですが、これをアウトプットしてやっていくためには、中学英文法を理解しておく必要があります。

中学英文法の学習には、「中学英文法を修了するドリル」もしくは「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。」というテキストをYoutubeで紹介しておりますので、ぜひご覧になってください。

文法を理解したら、瞬間英作文のテキストを使って頭の中で英作文しながら、文法の理解を深めていきましょう。

この前提をとばしてこのテキストを買っている人は多いと思います。

本屋でもAmazonでも人気ですが、文法の知識をあらかじめ入れてから、こちらのテキストでアウトプットするというのが正しいやり方です。

 

3.実際のテキストのやり方

左側に日本語が書いてあって、右側に英語が書いてあります。

日本語を見て瞬間的に作文していくというのが、本書の学習方法になります。

例えば「外国語を学ぶのはとても楽しい。」

と左のページに日本語が書いてあったら、右側に、

“Learning foreign languages is a lot of fun for me.”

と英語で書いてあるという具合です。

仮に作文した英文が間違えたとしても、そこまで気にせずにどんどん進めていきましょう。大事なのは、文法を用いて文章を作っていくことです。

前半は簡単な文章なのですが、やってみると意外と難しいです。

あとから”The”が抜けたりとか、複数形がちゃんとできなかったりするんです。

僕たち日本人は細かいところを気にしすぎて前に進めないというところがあるのですが、それは悪い癖なので捨て去ってください。

細かいミスは気にせずどんどん進めていってください。

暗記は絶対にしないでください。日本語を見て、パッと英語に変える練習をしていってほしいです。

「暗記してしまうんですけどどうしたらいいですか?」といった質問をいただくことがありますが、これは英文のほうを見すぎです。

カンニングはいいのですが、このテキストのポイントは、日本語から英語に瞬間的に英作文をすることが目的です。英語のほうは見過ぎないように気をつけてください。

一日一日の進め方なのですが、例えば初日は中学一年レベルのページを開いて、そのページを繰り返し練習します。問題は10個あるのですが、3周くらいはしてください。

次の日は、次のページはもちろん、前日学習したページも復習してください。

その次の日は言うまでもなく、その日学習する分と、前日、前々日学習した部分を勉強してください。

1、1~2、1~3、1~4といったように日を追うごとに塗り重ねていく学習が効果的です。

どうしてこのような学習法を行うかというと、人間はすぐ忘れる生き物だからです。

よく英語が全然覚えられないと嘆く方いますが、それは復習の回数が圧倒的に足りていないからです。

ですので、塗り重ねるようにして学習する必要があります。

もうこれ以上やっても意味ないなというところまで塗り重ねて覚えられた部分はスキップしても大丈夫です。

進めていく中で、とても苦手に感じる章も場合によっては出てくると思いますが、それはその章で扱われる中学英文法の知識が不十分なことが原因です。

なので、僕がさっき紹介した文法のテキストなどを使って、該当する部分をもう一度復習してみてください。

すると、最初文法を学習していた時とはまた見え方が違って、

「なるほど、喋るためにはこういうふうに学ぶんだ!」

ということがわかるようになります。これも復習が大事だということを表しています。

 

4.実際の会話にどうつなげていくか

ここで私がおすすめするアプリが、「HelloTalk」というアプリです。

このアプリは言語交換アプリです。

日本語を学びたい外国人と、外国語を学びたい日本人が登録していて、その人たち同士が繋がって気軽にお互いに話せるシステムとなっています。

まず最初は、テキストでチャットをやっていきましょう。

例えばテキストには、

「東京は晴れていますか?」

と書いてあり、

“Is it fine in Tokyo?”

と英訳されていますが、これを応用してアメリカの天気を聞いてもいいと思います。

“Is it fine in the US?”

といった具合ですね。

このようにして最初テキストを活用しながらでもいいので話していくと、どんどん会話力が伸びていきます。

テキストでのチャットが慣れてきたら、次はボイスメッセージを送るように頑張ってみましょう。

さらにお互いの仲が深まったら通話に誘ってみるのもいいです。

僕は自分がまだ英語を全然離せない段階で、めちゃくちゃ早口でしゃべる若いアメリカ人と通話したことがありますが、未だに友達です。

こういうことをやっていくと、自分の英語が通じたことに感動があったり、テキストで文章を作れるようになっちゃうので、仕事とかでも使えるようになります。

ついでに外国人の友達が出来ちゃったりもします。

より一層英語が楽しくなるので、ぜひ皆さんもこの機会にトライしてみてほしいと思います。

 

5.まとめ

ここで今回のおさらいをしていきます。

 

 【瞬間英作文をやる理由】

英会話はフレーズと作文で構成されているから。これは英語にかかわらずどの言語でも共通のこと。

 

 【瞬間英作文のテキストを始める前の注意点】

中学英文法を先に学ぼう。完璧でなくてもいいので、7~8割は頭の中にインプットされているようにする。

 

 【実際のやり方】

暗記はしない。細かいミスを気にしすぎない。

 

 【実際の英会話へのつなげ方】

アプリ「HelloTalk」を活用する。チャットに慣れてきたら、ボイスメッセージや通話もしてみる。

 
こういうことをした上でオンライン英会話をやったら、どんどん英語力は伸びていきます。一方こういう準備をしないで、例えば中学英文法などの知識をしっかり身につけていないのに英会話をいきなりやっちゃうと伸びないし、挫折もしやすくなります。

ですので今回のポイントをしっかりおさえて、ぜひみなさんの会話力を伸ばしてもらいたいと思います。

 

 
文法テキストを紹介している動画はこちら↓

 
★無料オンラインサロンへの参加はこちら!公開から1時間で100人に到達!
http://nav.cx/6K348yM

英語を身につけた限定動画をメルマガで配信中!
https://bit.ly/2AmJSlm

僕が購入したテキスト一覧
https://bit.ly/31Ep2cV

◎twitter
https://twitter.com/Ryu_eigo

Instagram
https://www.instagram.com/ryu_eigo/

Facebook
https://www.facebook.com/eikaiwaryutube/

LINE
https://line.me/R/ti/p/%40ksf6653m