無料レッスンを申し込む
英語独学
記事一覧に戻る

【悲報】英語が伸びない人の3つの特徴

 【悲報】英語が伸びない人の3つの特徴

こんにちは、Ryuです。

今回は、英語が伸びない人の3つの特徴をお話していきます。

結論から言いますと、伸びない人は以下の特徴を持っています。

・完璧主義な人
・他責な人
・準備していない人

この3つに関して詳しく説明していきます。

またそれらを改善していくにはどうしたらいいかというお話もしていきます。

 

もくじ

①完璧主義な人完璧主義な人の特徴完璧主義な人の心理完璧主義を克服するには英語の全体像をざっくりつかむ感覚が大事参考書も一通りやってからが本番

②他責な人「仕事が忙しい」方へ「子育てや家事が忙しい」方へ先生の教え方が悪い?

③準備していない人

さいごに

 

①完璧主義な人

・完璧主義な人の特徴

自分では自分のことを適当な人だと思っている人でも、案外完璧主義です。

例えば、問題付きのテキストをやって、合格点が取れないと先に進めないとか、英語は正しい文法や発音で話せないと絶対ダメだと思っているとか。

そのあたりを気にしすぎると、テキストもろくに進まないし、会話するときも正しく話せているか気になって話せなくなってしまいます。

ですので、そういった完璧主義は捨てていってほしいと思います。

 

・完璧主義な人の心理

完璧主義な人の心理状況はというと、失敗したくないという思いが強く、他人からの目を気にしすぎています。

例えば英語の勉強をしていて、「やっぱり挫折したんだあの人。」と思われたくないんです。

ですがそんなふうに思ってくる人というのは、あなたにとって重要な人ではないです。

英語を身につけてない人ほど、そんなふうに思ってきます。

一方で、英語を身につけた人だったら英語の勉強の応援は絶対にしてくれます。

また、自分で始めたことなんですから他人の目は気にしないことが重要です。

どう言われようと、自分がこれをしたい!という思いがあってやっていることなので、他人の目を気にせずやっていってほしいなと思います。

 

・完璧主義を克服するには

英語には完璧なんて存在しません。

どう頑張っても、あなたはネイティブにはなれないし、そもそもなる必要はないです。

例えば、ヨガを始めてすぐインストラクターを目指しますか?筋トレを始めてすぐボディビルダーを目指しますか?

いきなりそんなことを目指す人はそんなにいないんじゃないかなと思います。

ですが、英語だけは、英語を身につけたらペラペラ喋れなければいけないというような先入観がありすぎる人が多いです。

別に人に教えられるレベルになんてならなくていいんです。

自分の基礎を身につけて、コミュニケーションをとれるレベルまでもっていければいいんです。

完璧にこだわって、いきなり高すぎる目標は目指さないように心がけましょう。

 

・英語の全体像をざっくりつかむ感覚が大事

大事な感覚としては、全体像をざっくりつかむことです。

全体像をざっくりつかむことができる人ほど伸びると思っています。

Facebookをつくったマーク・ザッカーバーグさんの言葉で、

“Done is better than perfect!”
(終わらせることは完璧に勝る!)

という言葉があります。

完璧にする前にまずは一通り終わらせろってことです。

これが大事だと思います。

ざっくりと全体像をつかんで何度も何度もテキストを繰り返したり、英会話の雰囲気をざっくりとつかんで、何度も何度も挑んで間違えまくって身につけていくというやり方がいいです。

間違えたらむしろ学びがあるので、間違えた時には「ラッキー!」と前向きに捉えましょう。

 

・参考書も一通りやってからが本番

繰り返すという点では、1つのテキストを繰り返し読むということも重要です。

これをなかなかやってない人もいて、ネックになっているポイントかと思います。

本をたくさん買ったら、「たくさんやった」と勘違いする方が多いですが、結論としては各ジャンル(単語帳、文法書、長文書など)で1冊で大丈夫です。

TOEICに関しては、TOEIC用の単語もあるし、TOEIC用の文法問題もあります。こういったものも各一冊で十分です。

自分のお気に入りの本を見つけて、それを如何に繰り返し読むかが大事です。

TOEICを900点キープするということになってくると、これだけでは足りないということになってくるかと思いますが、まずまずのレベルに持っていくにはこれで十分です。

実際僕も、最小限のテキストの数で勉強しました。

1周やっても勉強ではないです、2周目からが本番です。

1周目はテキストがどんな感じなのか、概要をざっくりつかむための作業です。

これができなくて挫折しちゃうんじゃないかと僕は思っています。

一方勉強が出来る人は本がボロボロになるまでやっています。

これは同じテキストを繰り返し読んでいる証拠です。

一冊をいかに繰り返しやるかというのが大事です。

 

②他責な人

・他責な人の特徴

耳が痛い方もいるかもしれませんが、まず特徴としてあげられるのは言い訳が多い人です。

一番多い言い訳としては、「忙しい」です。

仕事が忙しいとか、子育てや家事が忙しいとか。

この「忙しい」という原因はたった1つでして、ヒトやコトから時間を奪われていることです。

逆に、時間を自分のコントロール下におけば、いくらでも時間は作れると僕は考えています。

 

・「仕事が忙しい」方へ

例えば、「仕事が忙しい」と思っている方は、今効率よく仕事ができているか見直してほしいんですね。

例えば仕事の優先順位がちゃんとつけられているか、やらなくていいことはなにか、今やっている作業は今日やらなくてはいけないのか、上司に相談するなどして作業をほかの人に頼めないか…などなど。

また性格によっては、ほかの人から仕事を断ることができず、素直に引き受けてしまうという人もいます。

ですが自分の時間を確保するためには、断る勇気も必要なんじゃないかなと思います。

また仕事が忙しいという人の考え方は根本的に、

結局人生で「英語より仕事」の優先度が高いということです。

今の仕事が好きで、毎日成長できているなら、正直英語の勉強は必要ではないです。

ですが英語を習得するということは、今までにないスキルを習得できるということです。

今の仕事が不満、成長できていない、将来不安…そういった方には英語の学習を最優先にほしいです。

英語の勉強の時間を設けて、真剣に取り組んで、その成果を仕事に変える(転職など)といった考え方で挑みましょう。

中途半端にちょこちょこやって見返りを求めるのはダメですが、ちゃんと学習すればその分見返りはきます。

 

・「子育てや家事が忙しい」方へ

これはあくまで僕の考えですが、どうしたらいいかご提案したいと思います。

思い切って生活スタイルを変えちゃいましょう。

例えば自炊を減らす。

料理を買ってきて食べるとか、そういった形を増やしてもいいと思います。

実は自炊が外食より健康的というのは勘違いです。

詳しい話は以下の記事を参考にしてみてください。

「外食より手料理が健康的」という常識の落とし穴

またスーパーには行かず、ネットスーパーを活用するなどの手段をとるのもいいです。

僕もAmazonフレッシュというサイトをよく利用していますが、送料が安い、もしくは無料です。

また前回買ったものをザッと選べます。

スーパーに行って自分で選びたい!というこだわりがある方もいるかと思いますが、プロのように目利きできますか?

そのこだわりにどれくらい意味があるのかは考え直してみてほしいです。

また自分でスーパーに行くというのは無料ではないです。

時間という対価を払っているからです。

ですから、ネットスーパーが活用できる環境であればそちらを使っていくべきです。

掃除もルンバに任せちゃいましょう。

掃除ってやってもやっても上達しないじゃないですか。

仕事になるレベルまで上達させるつもりならやってもいいと思います。

ですがそうでなければ機械に任せましょう。

もちろん細かいところなど自分で掃除せざるを得ない箇所はでてきますが、今のルンバはすごく優秀なので、本当に気持ちよく掃除してくれます。

時短にもなります。

食器洗いも食洗機に任せるなどして家電へ投資すれば、時間を買うことに繋がります。

ですので、家電はケチらない方が人生豊かになります。

高めのものを買ったほうが、手入れが楽とかちょっとした時間の確保に繋がりますからね。

またクリーニングもネットで頼みましょう。

僕はリネットというものを利用しています。

取りに来てくれて、ダンボールに入れるだけ。終わったら二日くらいでキレイな状態で戻ってきます。

染抜きや毛玉取りもしてくれます。

家事代行サービスもOKだと思います。

家事をしないのは怠け者という人もいますが、そんな時代はもう終わりました。

もう令和の時代です。文明の利器を活用して時間確保しましょう。

またやらないことを決めるのも大事です。

例えばテレビは見ない、ネットニュースは見ない、SNSを極力避けるなどですね。

その時間を英語の時間にまわしてあげましょう。

 

・先生の教え方が悪い?

他責な人で、教えてきた人の教え方が悪いと言って勉強することを諦める人がいます。

たまたま学校で嫌な先生に当たったという嫌な記憶のある人もいるかと思いますが、覚えておいてほしいことがあります。

それは、勉強はあくまで自分からするものということです。

先生はあくまでサポート役です。

ですので、先生から教えられただけでテストで満点をとるとかはないわけです。

学校でもそうだったと思います。

教わるというのは受け身、受動的なんです。

そもそも英語だけじゃなく、勉強は能動的にやらないと身につきません。

暗記だって、自分が始めるから覚えられるんです。

外国人に話しかけるのも自分からじゃないと会話は始まりません。

ボケーっと日本でつっ立っていても外国人は話しかけてくれませんから、能動的なアクションを起こせる自分になりましょう。

また当事者意識を持つのが大事です。

能動的なことの1つですが、当事者意識がないと、文章を読んでもリスニングをやっても向上しにくいです。

どういうことかというと、例えばTOEICの問題がそうです。

TOEICって、リスニングで流れてきている音が自分に対するメッセージだとか、読んでいる文章が自分に送られてきた文章だとか、そういった当事者意識を持って聞き取る・読み取ることをしないと、点数がなかなか伸びません。

そういったことを自分のこととして意識することで能動的に学習できます。

 

③準備していない人

・レッスンを受ける前の準備が8割

特に英会話ではそうです。

英会話のレッスンで重要なのは準備が8割だと思ってください。

レッスンがスタートして、先生の前でぼーっとして先生が話すのをただ待つのではなく、何を話すかあらかじめ決めておきましょう。

僕も実際英会話するときや、プレゼンのイベントに参加するときは、なにを話そうか事前に文章に起こして挑んでいました。

具体的に僕がどんなふうにやっていたかというと、会話のパターンを何個も作っていました。

毎回同じような自己紹介ばっかりしてたら飽きちゃうので、バリエーションをつけていくということです。

例えば、

“Nice to meet you!”

と言われたら、

“Nice to meet you too!”
“You, too.”
“Same here.”

というように複数パターンで返せるようにするとか。

自分の住んでいるところを自己紹介するときにも、

“I live in Tokyo.”

で終わらせるのではなく、そのあとに続いて、近くに何があるか、その場所は何が名物か、何年住んでいるか、誰と住んでいるかなどといった話をするようにしましょう。

趣味の話でもそうです。

例えば、

“Watching sports”

が趣味なら、どんなスポーツを、どれくらいの頻度で観るのか、いつから好きなのか、なぜ好きなのかなども話せるといいです。

仕事の話でもそうです。

どこで、どういう業界で、どの部署で、具体的にどういう仕事で、何年勤めていて、その仕事の何が好きかなどですね。

他にも、最近起きた出来事や、週末の予定、季節ごとにどんなことをするかなど、そういった話を広げられるようにしてほしいと思います。

これができるようになると、他人に対してもその内容を質問できるようになります。

 

さいごに

全体を通してお話していきましたが、この3つの大きな特徴を解消していってほしいと思います。

なかなか耳が痛いなと思われる方もいると思いますが、改善方法なんかを参考にしてもらって、ぜひ英語を身につけやすいタイプの人になってもらえればと思います。

以上になります。長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 
★無料オンラインサロンへの参加はこちら!公開から1時間で100人に到達!
http://nav.cx/6K348yM

英語を身につけた限定動画をメルマガで配信中!
https://bit.ly/2AmJSlm

僕が購入したテキスト一覧
https://bit.ly/31Ep2cV

◎twitter
https://twitter.com/Ryu_eigo

Instagram
https://www.instagram.com/ryu_eigo/

Facebook
https://www.facebook.com/eikaiwaryutube/

LINE
https://line.me/R/ti/p/%40ksf6653m