無料レッスンを申し込む
英語独学
記事一覧に戻る

【知らないと損!】英語初心者を悩ます10のウソ!

こんにちはRyuです。

今日は「英語初心者を悩ませる10のウソ」というテーマでお送りしたいと思います。

僕は45歳になる1年間で英語をめちゃくちゃ勉強しました。

日常会話も話すようになって、仕事で英語も使うようになり翌年には起業して、現在は英語コーチングスクールですとか、日本から海外に向けて発信していきたい起業さんのYouTubeのお手伝いなどをしています。

英語をこれから勉強しようと思っている初心者の方々というのは、世の中色々情報がありすぎて困りますよね。

つい三年前の僕も同じような状況でした。

「あれは良くない」、「これはダメだ」「ネイティブはこんな言い方しない!」とか、テキストも山のようにあるし…。

なので僕は実際に体験して感じた、ちまたでよく言われているような英語に関するウソをピックアップして解説していこうと思います。

10個あります。

すごく有益な情報になると思うので、ぜひ最後までご覧ください。

 

1.英語学習は年を取ったら身に付かないこと

これはウソです。

僕が証明しています。

例えば僕は実際44歳から45歳になる年で英語を身に付けることができましたし、最近MIT(マサチューセッツ工科大学)の研究で明らかになったのですが、20歳を越えた大人の英語習熟速度は子どもとほとんど差がないということを研究で明らかにしたということです。

しかも学習開始から1年目であってもネイティブの8割程度まで力が付くという研究結果が出たそうなのです。

つまり外国語をネイティブレベルまで習得する速さというのは大人も子どもも変わらないということなのです。

何となく、若いときにやった方がいいというイメージがありますが、実際は7歳くらいまで言語を自然に学ぶことができるらしいです。

それ以降は何歳からやってもほとんど変わらないということが分かったわけです。

 

2.英語はネイティブから教わるのが良いこと

これは限定的に言わせてほしいのですが、英語は初心者の方、これから英語を勉強しようとする方にとってはネイティブは向いてないと思います。

なぜかというと、ネイティブはどうして英語初心者がつまづいてしまうのかという気持ちが分からないからです。

やはり日本人は完ぺき主義なのです。

多分見てくださっている方には、「いや、私はだいぶ適当に生きてきました」と思っている方多いと思いますが、意外と勉強し直してみると、間違えたところをすごく気にしてしまったり、けっこう細かいところが気になってしまいます。

こういう国民性があるので、これをネイティブが理解することは難しいです。

ネイティブからしたら、「何でこんな細かいところ気にするんだろう?」というふうに思っていると思います。

よく、私は大勢の人教えてきたと、会社に行ってビジネスの英語を教えてきたとけっこう豪語するネイティブの先生もいるのですが、教える経験の年数が長ければいいというわけではないと僕は思います。

先ほどのように英語の習得に年齢は関係ないという研究結果が出たりとか、勉強方法も色々新しいものが見つかっていくので、その新しい勉強方法をつかめる先生だったり、インターネットやスマートフォンが発達して、環境によって学ぶ方法も新しく変わっていくので、そういうのに適応できる先生が向いているのではないかと僕は思います。

それからもう一つ、ネイティブは文法は基本的には理解していません。

僕らも日本語の文法を説明するのが難しいように、もちろんネイティブとかネイティブではなくても外国の先生で、文法は勉強しましたという人には会ったことはあるのですが、やはり後付けで勉強している感じというのが分かるのです。

日本語と英語の文章句の構造が全然違うということまでを理解してはいないのです。

これを理解しなければ教えることはなかなか難しいと思います。

 

3.英語の目的はペラペラしゃべること

多くの人、特に初心者の人に多いのですが、流ちょうにペラペラしゃべれることを目指す人が多いですが、これは完ぺきに間違いです。

これは正直無理とまで言ってもいいかもしれません。

逆に聞きたいですが、「あなたは日本語を文法的に間違いなく完ぺきにペラペラと話せていますか?」…そういうことなんです。

「僕は日本語を話すのがうまいです」と胸を張って言えますか?「いやぁ、自信ないなぁ、日本語も…」と思いますよね。

これが日本人の完ぺき主義でもあるのですが、バイリンガルとかネイティブのようにペラペラになる必要は全くないです。

むしろ文法的に間違っていてもコミュニケーションは取れますし、仕事で使うレベルまでもっていくといっても、しゃべる方よりはどちらかといえばリスニングの方を鍛えた方がいいです。

事実日本語でも寡黙な人でもビジネスができてる人はいます。

それと同じように、ペラペラしゃべれればいいというのは違うので、そこは目指す必要はありません。

4.英語学習で重要なのはモチベーションであること

僕の動画をたくさん見てくださっている方だったら、「いやいやお前、モチベーションくれてるじゃないか」と思うかもしれませんが、これは実は違います。

100%間違っているとは言わないですが、何もないところからモチベーションは湧いてこないのです。

必要なのは明確な目標なのです。

気持ち的にもそうですが「話せるようになれたらいいな」ではなく、「話せるようになる!」ということです。

僕の場合だと「絶対にTOEICのスコア取って転職してやる!」と思っていましたし、「話せるようになりたいな」ではなく「話せるようになってる!」と、翌年の今頃外国の人と楽しく話してる自分をイメージして勉強していました。

もう一つ、モチベーションの前に、継続できる環境を作ってあげることが重要ですが、これには習慣化が必要です。

習慣化は30日必要と言われています。

30日と聞いたらそんなに長くないと思うかもしれませんが、これが意外と継続できないのが英語の難しいところです。

それとかTOEICとか英検の日程を決めてしまうとか、日本語使うのを禁止したりとか、僕の場合はそうでした。

日本語をなるべく使わない1年にしました。

あとは勉強をせざるを得ない環境を作る…図書館に行って周りが勉強している人たちの中で勉強するとか、どこかスクールに通うとか、いわゆるそういうところで授業料を払って「勉強しなきゃいけない」という強制力を持った方がいいです。

英語コーチングスクールをやっててよく「コーチなんか付けなくても、そんなもん自分で勉強できるじゃん」という批判があるのですが、だったらたくさん話せている人は世の中にいっぱいいるはずだし、ダイエットのRIZAPだってあんなにはやるわけがないのです。

それだけ英語の勉強の継続は難しいし、その難しさというのは8割方メンタルの話なのです。

だからメンタルのケアをしてくれるとか、環境を作ってモチベーションをキープするためのメンタルのケアをしてくれるとか、コントロールしてくれるコーチのような存在、先生が必要なのです。

 

5.これからは翻訳機やAIが進化して英語は必要なくなること

これは僕は違うと思っています。

僕自身はIT歴は20年くらいあってその業界に詳しい人間なのですが、コミュニケーションを人と取る価値というのは永遠になくならないと思っています。

そういう人とコミュニケーションを取る中で、タイムラグはけっこう問題です。

かのホリエモンさんもコンピューターがいかに進化しても、この英語のタイムラグをなくすことはできないと書籍で語られています。

もう一人AIを研究されている日本人で、日本語の研究をしている方がいらっしゃるのですが、どうやら日本語には文法は存在しなくて、AIに落とし込むのが難しいと語られている動画を見たことがあります。

逆に翻訳機やAIが出てくることによって、いっそう「英語をしゃべれるようになりたい!」と興味を持つ人が増えてくる方が正解だと思います。

 

6.文法の勉強はいらないこと

これは強調して言いたい。

絶対に必要です。

絶対に文法は必要です。

僕自身が過去に文法を勉強しなくて失敗しているのです。

学生のとき、本当に文法は嫌いでした。

でも、自分の言いたいことを伝えるにはやはり文法のルール通りに話さないと駄目だし、聞くのも読むのも全てルールが分かっていないと駄目なのです。

それだけ英語と日本語の文章の並びは全然違うのです。

英語は主語と動詞で構成されていて、動詞だけでも意味が通じてしまうとか、あとは水や牛乳が数えられない物体だとか、結論を先に言って話す傾向があったりとかで、日本語とは全然違います。

 

7.英語をとにかくたくさん聞き流せば聞き取れるようになること

これも違います。

音には慣れますが、聞き取れない英語というのはいつまでたっても聞き取れないです。

これはなぜかというと、英語の音が頭にインプットされていないからです。

どういうことかというと、発音の練習をしていないからです。

聞きまくるのではなく、まず発音の練習をして、次に日本語訳が付いているもので日本語訳を理解してから、英語を聞くということが正しいです。

 

8.赤ちゃんが身に付けるような勉強法をすれば英語は身につく説

これも違います。

赤ちゃんと大人では、言語習得する能力に差があるので全然駄目です。

赤ちゃんの方が高いです。

これは年齢が関係ないという話に共通するのですが、語学の習得能力というのは7歳を越えると難しいとされています。

ですのでこの動画を見ている方が7歳を越えているとアウトです。

 

9.学校で習った英語は全く意味はないこと

これもウソです。

もちろん僕らは中学高校で勉強していた英語は、テストのための勉強だったわけですが、特に中学校で習った勉強、あの知識があれば英語は話せるようになります。

中学の英語が身についていて、アウトプットができていれば日常会話ができている状態ということです。

僕らがやってきたのは、穴埋めとか、日本語訳にしろとか、単語の意味を日本語で書きなさいとかそういうのが多かったと思います。

振り返ってみれば会話のレッスンとか、発音のレッスンはなかったですよね。

「はーい、じゃあこの班で英語で話しなさい」というような授業はなかったので、インプットしたものをアウトプットする機会がなかったということです。

意外と日本人は英語のレベルはゼロではないのです。

少しはあります。

そういうグッドニュースもあります。

 

10.留学すればOK

僕は英語を勉強し始めたとき、「マジで仕事辞めて海外に留学しようかな?」と考えていました。

後々行かなくてよかったと思ったのですが、留学するだけで英語できるというのは残念ながら幻想です。

実際に僕の英語仲間で留学経験のある人でも、めちゃめちゃ英語が話せる人と全然話せない人の2パターンいました。

話せる人の方は、もともと基礎の勉強をして行っているし、話せない人は日本人同士でたむろしてしまったり、英語を使う機会が少なかった人なのです。

さらに留学もして、流ちょうになった人は、現地で日本人と話さないということを徹底していたということです。

結局英語を勉強する場所が変わるだけの話なのです。

日本で勉強する場合は、もちろん自分で全然独学はできるのですが、使う機会がなかなか少ないということです。

例えば英語圏に行ったとしても、家の中だろうが学校だろうが、自分で勉強するということは一緒。

ただし外に出て使う機会が多いという状況です。

つまり自分次第ということです。

以上が英語初心者を阻む10個のウソという内容でした。

僕の英語コーチングスクールのお知らせのあとにまとめです。

短期で英語を身に付けられる英語コーチングスクールRyu学では新しい生徒さんを募集しています。

実際に半年で英語を話せるようになった人とか、TOEICのスコアを飛躍的に伸ばしながら日常会話を身に付けた人とか、そんな人が出てきています。

僕がやってきた失敗しない勉強法と、英語を教えるプロ、メンタルも支えてくれる優秀なコーチたちと一緒に英語を伸ばしていきましょう。

ぜひホームページから無料レッスンもしくは無料カウンセリングを受けてみてください。

英語を年齢で諦めないで身に付けましょう.

 

まとめ

英語初心者を悩ます10個のポイントをまとめていきます。

①英語学習は年を取ると駄目。

これはいくつになっても大丈夫です。

②英語はネイティブから教わるのは早い。

これは英語初心者には向いていません。

なぜならネイティブは英語初心者の気持ちが分からないからです。

③英語の目標はペラペラしゃべること。

英語をペラペラしゃべることを目標にしてはいけません。

しゃべれなくても全然英語は使えるようになります。

④英語学習で重要なのはモチベーション。

モチベーションではないです。

まず環境を作って継続していくことです。

継続するためにモチベーションをキープする必要があるということです。

⑤これからは翻訳機やAIの進化で英語は必要なくなる。

コミュニケーションの本質は変わらないし、機械がいくら進化していってもタイムラグを埋めるのは難しいです。

⑥文法の勉強はいらない。

文法は全ての基礎なので絶対に必要です。

⑦英語をとにかくたくさん聞けば聞けるようになる。

そんなことはないです。

英語の音を頭に入れる。

もしくは文法を理解して日本語訳も理解しないと聞いても伸びません。

⑧赤ちゃんの言語習得過程を追えば英語が身につく。

そんなことは全くありません。

7歳を越えていたら英語の習得のプロセスは一緒です。

⑨学校で習った英語は意味がない。

そんなことはないです。

中学英語を使いこなせれば英語はちゃんと話すことはできるし、聞くこともできます。

⑩留学すればよい。

そんなことはないです。

勉強する場所が変わるだけで、勉強する、しないはあなた次第です。

以上です。

 

各種SNS、メールマガジンも発行しています。

ぜひご覧ください。

以上Ryuでした。

★無料オンラインサロンへの参加はこちら!公開から1時間で100人に到達!
http://nav.cx/6K348yM

 

英語を身につけた限定動画をメルマガで配信中!
https://bit.ly/2AmJSlm

僕が購入したテキスト一覧
https://bit.ly/31Ep2cV

◎twitter
https://twitter.com/Ryu_eigo

Instagram
https://www.instagram.com/ryu_eigo/

Facebook
https://www.facebook.com/eikaiwaryutube/

LINE
https://line.me/R/ti/p/%40ksf6653m